【おすすめ】温湿度計を買うならSwitchBotが最強!スマホで連携

4月 22, 2021

https://www.amazon.co.jp

日本に帰国した際にいいものを購入しました。SwitchBotの温湿度計です。

温湿度計を買おうと思っているけど、どの温湿度計を買ったらいいのか分からない…。

そんなあなたにぴったりの温湿度計です。SwitchBotの温湿度計を買っておけば間違いありません。

この記事を書いた人
はるにーた

2017年6月からボリビアに移住。のんびりとしたスローライフを送っています。
ボリビアで2年間ボランティア活動に取り組んだのち、ボリビアのことが好きになり再移住。
ボリビアのことやその他もろもろ、についてブログを書いています。

SwitchBotとは?

https://www.switchbot.jp/meter

SwitchBot(スイッチボット)はスイスでうまれた、スマートホームを実現するガジェットを生産・販売しているメーカーです。

今回紹介する温湿度計はSwitchBotのスマート家電の一つで、Bluetoothで通信できる温湿度計です。

Amazonではベストセラー1位に登録されています。1万人以上のカスタマー評価があってかつ、星4つを獲得している温湿度計です。

わたしは半年ほど前に購入したのですが、かなり便利な商品です。

switchbotの温湿度計が最強な3つの理由

ここからはスイッチボットの温湿度計が最強な理由を3つあげていきます。

① 温湿度のデータをスマホで管理できる

スイッチボットの温湿度計は、データを保存する機能があります。

スイッチボットはスマート家電なので、持っているスマートフォンとBluetooth通信でつなげることができます。

温湿度計に蓄積されたデータは、スマホと温湿度計とが通信する際にダウンロードすることができます。

▼わたしのスイッチボットの実際のデータはこんな感じです。これは1時間の表示。

SwitchBot1時間ごと表示

半年ほどこの温湿度計を使っていますが、使い始めてからの全データが保存されています。

表示の切り替えが1時間・1日・1週間・1ヶ月・1年の5段階でできます。

▼1日の温度・湿度のデータ

SwitchBot1日ごと表示

▼1週間の温度・湿度のデータ

SwitchBot1週間ごと表示

▼1ヶ月の温度・湿度のデータ

SwitchBot1ヶ月ごと表示

▼1年の温度・湿度データ

SwitchBot1ヶ月ごと表示

普通の温湿度計では、現時点の温湿度表示しかされません。

スイッチボットの温湿度計は、寝ている間や外出しているときでも温度や湿度のデータを保存してくれます。自分が温湿度計を見ていなくてもも、データで管理をすることができる優れた商品です。

② 複数のスイッチボットの温湿度計をスマホ一台で管理できる

https://www.switchbot.jp/meter

わたしの場合は温湿度計一台で事足りていますが、場合によっては「複数台の温湿度計が必要」「複数の場所の温度や湿度をはかりたい」という場合があります。

スイッチボットは複数の温湿度計をスマホ一台で管理することができるので、温度や湿度の管理が圧倒的にラクになります。(スイッチボットとスマホの通信はBluetoothの届く範囲で可能です)

③ アラーム機能で部屋が暑くなりすぎるのを防ぐ

https://www.switchbot.jp/meter

わたしは使ったことはありませんが別売のハブを組み合わせることで、部屋が暑くなりすぎたり、寒くなりすぎたときにアラームで通知してくれる機能があります。

ご設定した温度・湿度の範囲により、異常が発生したらBluetooth経由でアラーム通信が届きます*。ハブと組み合わせば、いつでも、どこでもアラーム通知を受信できます。これにより、梅雨時期の除湿や冬場の乾燥対策を行う際には調整の目安となります。例えば、湿度異常アラームが出たら、速やかに加湿するなど対策を行いましょう。 *Android端末の場合は、別売りのSwitchBot Hub Plusが必要です。予めご了承ください。

SwitchBot スイッチボット デジタル 温湿度計 スマート家電 

子どもやペットがいる場合や、湿度の調整に活用できそうです。

まとめ

スイッチボットの温湿度計は、わたしたちには見えない温度や湿度を見える化してくれる頼もしいツールです。

一家に一台はあってもいいと、断言できます。

この記事を参考に購入してみてはいかがですか?

電池はすぐになくなりがちなので、充電池を使うことをオススメします。