【機内持ち込みに】3wayボストンキャリーバッグがおすすめの3つの理由

先日、ずっと欲しかった機内持ち込み用のキャリーバッグを購入しました。


こちらの商品がかなり良かったので、機内持ち込み用のキャリーバッグや大容量のキャリーバッグを探しているすべての方に、おすすめします。

こちらの3wayボストンキャリーバッグがおすすめの3つの理由をまとめたので、購入の参考にしてください。

このキャリーバッグを買って後悔しません。

この記事を書いた人
はるにーた

2017年6月からボリビアに移住。のんびりとしたスローライフを送っています。
ボリビアで2年間ボランティア活動に取り組んだのち、ボリビアのことが好きになり再移住。
ボリビアのことやその他もろもろ、についてブログを書いています。

3wayボストンキャリーバッグを購入

前々から欲しいと思っていた、機内持ち込み用のキャリーバッグをついに購入しました。

悩みに悩んだ末に購入したので、いいものを買った自信があります。

こちらのキャリーバッグはブラックとベージュの2色あるのですが、わたしはブラックを購入しました。在庫があるかどうかは要確認です。

▼実際に購入した商品はこちら


キャリーバッグを購入するにあたってかなり悩みました。

キャリーバッグと一口に言っても、ほんとにさまざまなタイプのバッグがあります。

そんな数多くあるキャリーバッグの中から、最終的にこの「3wayボストンキャリーバッグ」を選びました。

3wayボストンキャリーバッグがおすすめの3つの理由

わたしが実際に購入して使ってみて、みなさんにもぜひおすすめしたいと思ったので、わたしが「3wayボストンキャリーバッグ」をおすすめする○つの理由を書いていきます。

① 機内持ち込みOKで大容量&超軽量

こちらの「3wayボストンキャリーバッグ」は、機内持ち込み可能な大きさで容量44Lと大容量なのです。

さらに、全体の重さは1.8kgと非常に軽いのです。

この大容量&軽量は、このキャリーバッグの最大の魅力です。

こちらのキャリーバッグの構造はスーツケースのような折りたたみ式ではなく、ファスナーがバッグの真ん中についているだけなので、キャリーバッグ内に大きなスペースを確保できるのです。

荷物の容量にもよりますが、容量が44Lもあれば1週間ほどの旅行にも使えます。

機内持ち込み可能で、この容量の大きさに惚れ込みました。

② キャスターを引けないときは、ショルダーバッグになる

キャスターバッグってコロコロ転がすだけでいいから、ラクで本当に便利です。

ですが、たまにキャスターが使えない場面に出くわします。

例えば、階段やガタガタした道ではキャスターは引けません。そんなときにはショルダーがついているので、肩に背負うことができます。

荷物は重いですが、そういった道でもショルダーがついていれば安心です。

③ キャリーの持ち手が頑丈

こういったタイプのキャリーバッグだと、キャリーのタイヤや持ち手が簡素なつくりになっているバッグも多いです。

こちらのキャリーバッグは持ち手部分が頑丈な作りで、タイヤもしっかりしているので、壊れにくいつくりになっています。

安心して長く使うことができます。

まとめ

このキャリーバッグを購入する前はバッグパックを使っていたのですが、機内持ち込み荷物がいつも多いのでキャスター付きのものを探していました。

たくさんの商品を見た中で、購入したので大切に使っています。

他にも、バッグの中にも外にもポケットがついているので、ちょっとした小物を分けて入れることができます。

機内持ち込み可能なので、海外旅行に。大容量なので、国内旅行にでも。お好きに使えます。