【IJF】世界の柔道着メーカー15選!ミズノ・九櫻だけじゃない!

4月 26, 2021

柔道家のみなさんの必需品といえば、柔道着。ですが、日本国内で見かける柔道着は大体「ミズノ」と「九櫻」。

柔道着のメーカーって「ミズノ」「九櫻」以外に他にないの?

実は、日本国内には他にも柔道着メーカーが存在しています。ミズノと九桜が圧倒的なシェアを占めていますが、その影で他の柔道着メーカーもしのぎを削っているのです。

さらに、世界を見渡すと他にもたくさんの柔道着メーカーがあります。今回は、IJF(国際柔道連盟)に公認されている柔道着メーカー15こを紹介します。

この記事を書いた人
はるにーた

柔道歴13年、柔道三段。
中学生の時に柔道を始め、高校、大学でも柔道部として活動。
卒業後は青年海外協力隊柔道隊員として、南米のボリビアに派遣。2年間ボリビアのサンタクルス県で柔道の指導にたずさわりました。
柔道のことやボリビアのこと、その他もろもろについてブログを書いています。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

【IJF公認柔道着】 全15メーカーを紹介

IJFが公認としている柔道着は全部で15もあります。

ミズノや九櫻だけではなく、海外にもたくさんの柔道着メーカーがあります。

海外メーカーの柔道着で購入可能なものは商品購入のURLも載せているので、ぜひ一度購入してみてはいかがでしょうか?

それではさっそく見ていきましょう!

世界一の柔道着ブランド 「ミズノ」

ミズノ柔道公式HP

言わずとも知れた有名ブランド、「ミズノ」です。

ミズノは全日本柔道連盟のスポンサーで、柔道の日本代表選手が着用している柔道着はミズノです。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

日本が誇る柔道着ブランド「九櫻」

九桜柔道公式HP

2018年に創業100年を迎えた「九櫻」。長い歴史を持つ柔道着メーカーです。

初心者から競技者まで、幅広い世代に人気があります。

海外の柔道家の方たちにも人気があるメーカーです。

東洋マーシャルアーツディストリビューション

東洋マーシャルアーツディストリビューション公式HP

2006年創業の日本の柔道着ブランドです。

STELTH(ステルス)、PRIDE(プライド)、 TRAX(トラックス)といったシリーズがあり、高校生に人気があります。

東洋独自の技術を使って、他のブランドにはないフィット感や動きやすさを実現させています。

柔 JAPAN

柔JAPANは、東洋よりも新しい柔道着メーカーです。

日本国内や海外にも売りに出している、新興柔道着メーカー。

「柔」のロゴマークが印象的なデザインです。

一番乗りで使ってみてはいかがでしょうか?

アディダス

スポーツ用品大手のアディダスです。

女子48キロ級で世界ランキング1位のダリア・ビロディド選手が使っていることで話題になりました。

肩にアディダスの3本線が入っているのが特徴的。

最近では日本代表の原沢選手がアディダスと契約し、練習や試合で着用しています。

ファイティング・フィルムス(Fighting Films)

イギリスの柔道着メーカーです。「Fighting Films」とありますが、元々は映像制作会社だったんだとか。

現在も柔道の映像制作をしているそうです。

鳥居のロゴが特徴的です。

グリーン・ヒル(Green Hill)

ドイツの柔道着メーカーです。

肩に黒いラインと「GREEN HILL」のロゴが入っています。

グリーン・ヒル(Green Hill)の柔道の購入はこちらから(ebayサイト)

カッパー (Kappa)

イタリアのスポーツ用品のメーカーから出ている柔道着です。

イタリア国内を中心に販売されています。

2016年リオオリンピック金メダリストのファビオ・バシル選手も着用しています。

男性と女性が背中合わせで座っているロゴです。

ヒク(hiku)

スイスの柔道着メーカーです。

「ヒク」とカタカナで書いてあるロゴが、日本人にとっては印象的です。

ヒク(hiku)の白柔道着の購入はこちらから(ebayサイト)

ヒク(hiku)の青柔道着の購入はこちらから(ebayサイト)

ノリス(NORIS)

フランスの柔道着メーカーです。

30年ほど前に創業されました。

柔道のグッズなどの販売も行っています。

肩のロゴには、ソードが描かれています。

ダンリョ(Danrho)

ドイツの柔道着メーカーです。

2018年に世界選手権で優勝したサイード・モラエイ選手も着用しています。

ダエド(Daedo)

スペインの柔道着メーカーです。

スペイン代表の選手をはじめ、メダリストも着るブランドです。

エッシモ(essimo)

オランダの柔道着メーカーです。

肩に「essimo」と大きなロゴが入っています。

イッポンギア(IPPONGEAR)

ドイツの柔道着メーカーです。

日本語の「IPPON」という言葉が入っています。

最近できた柔道着メーカーですが、世界大会ではよく見かけるブランドでもあります。

マツル(MATSURU)

オランダの柔道着メーカーです。

日本語からインスピレーションを受けた、「MATSURU」と龍の絵がロゴとなっています。

カナダでよく着られているみたいです。

まとめ

世界の柔道着メーカー全15をざっと紹介しました。

みなさんの知っている柔道着メーカーはありましたか?

みなさんが知っている柔道着メーカーの他にも、世界にはたくさんのメーカーがあることがわかりました。

興味があったらぜひ購入して、柔道の練習で友だちや仲間に見せつけちゃいましょう。

この記事を読んだあなたにオススメ

「近代柔道」では最新の柔道ニュースや記事を取り扱っています。
真の柔道家であれば、ぜひ毎月購読してみてはいかがでしょうか?

こちらからご購入いただけます。
(バックナンバーも購入可能です。)

ちなみに「近代柔道」の定期購読をする場合には「Fujisan.co.jp」がオススメ。送料無料で、毎月980円とお買い得です。

ぜひこの機会にどうぞ。